「クリック詐欺に注意」という注意喚起のマークを表示しているそのサイトが、実は詐欺サイトということもあるので、本当に油断大敵です。

悪質なサイトの見分け方
悪質なサイトの見分け方

「クリック詐欺に注意」という注意喚起のマークを表示して・・・

悪質なサイトの見分け方
「クリック詐欺に注意」という注意喚起のマークを表示しているそのサイトが、実は詐欺サイトということもあるので、本当に油断大敵です。

まずは気持ちが大事だと思います。この社会は、決して善意の人だけが暮らしているわけではないという当たり前のことを強く深く認識し、パソコンの画面の向こう側には悪魔がいるというくらいの革命的警戒心を持つことです。
大袈裟でも何でもありません。
私は知らない人からのメールは絶対に開きません。開かずに即削除。即ゴミ箱行きです。
開いただけでウイルスに感染してしまう悪質なメールがあるので要注意です。

あとは、ブログのコメント欄によくあるのが、「ブログを拝見しました。
面白いですね。私のブログにも遊びに来てください」と、一切記事への感想が書いていないコメントは怪しいです。
たいがいは「月100万円の不労所得」がどうのという類で、そのブログからさらにホームページへ誘導しようとします。
本当に月100万円を稼げるネットビジネスを指導してくれるなら素晴らしいのですが、この手の話に詳しい専門家は、ほぼ100%がインチキだと語っていました。
私も同意見です。

騙されない方法としては、すぐにそのサイトへは行かず、その人間のフルネームに詐欺とつけて検索。たとえば「フルネーム詐欺」「フルネーム苦情」で検索すると、騙された人の声が多数掲載されていたりします。
自分は絶対に騙されないという強い意志を持ちたいものです。

お店に出かけて買い物をするのもいいけど

お店に出かけて買い物をするのもいいけど、私はネットショッピングが大好きです。
今はそんな方も多いことでしょう。スマートホンが普及し、ネットショッピングの勢いは加速の一途を辿っています。ネットがあればいつでもどこでも買い物ができるのですから、どんなに夜中でも、仕事の休憩時間でも、食事を取りながらの片手操作でもショッピングが可能なのです。

商品は画面でしか確認できないので、「想像と違ってあまり良い商品ではなかった!」ということももちろんありますが、逆に言えば、商品が届くまでのワクワク感が味わえるというのがネットショッピングの醍醐味とも言えますよね。
ですが、気軽に楽しめるものだからこそ注意が必要です。
代金を振り込んだけど商品が届かないなんてことも、ネットの世界ではたびたびあるようです。
実在する店を装い、代金を振り込ませるだけで商品は送らないという悪質サイトが中にはあるのです。
ではどうやってその悪質サイトを見分けたらいいのでしょうか。
その一番の方法としては、「大手の会社の審査を通っている店から買い物をすること」です。
例としては楽天やYahoo!などの有名な企業です。
それら大手会社の審査を通過してネットショッピングを立ち上げているお店であれば、まず実在しない店という事はありません。その上さらに口コミレビューの評価が高いお店であれば、まず安心しても良いでしょう。初めてのお店でネットショッピングをする際は、一度口コミをチェックする癖をつけるといいと思います。
このように、「ネットの世界では慎重に!」がポイントなのです。

注目情報

Copyright (C)2016悪質なサイトの見分け方.All rights reserved.